6月の特集「時間旅行」

6月10日は『時の記念日』。 
今回は、時にまつわる物語や
時間を考えるきっかけになる本をお届けします。
この機会に"時間"について、思いをめぐらせてみませんか?

『タイムトラベル「時間」の歴史を物語る』(ジェイムズ・グリック著/柏書房)

時間とはいったい、何なのか? 未来や過去へ行けたらどんな問題が発生し得るか? 「タイムマシン」「失われた時を求めて」やスィフト、ル=グウィンなど、古今の物語&偉人の考えを通して考察する。

『時空のパンドラ』(三芳端著/東京図書出版)

人には、誰にでも生まれながらの分身がいるーミャンマーで生きる日本人医師・三上貞夫の分身が体験する数奇な運命の結末は?民族、宗教、時空を超えて人を結ぶ、不思議な物語。

『タイムマシン』(ウェルズ著・池央耿訳/光文社)

時空を超える「タイムマシン」を発明したタイム・トラヴェラーは、80万年後の世界へ飛ぶ。そこは、地上に住む華奢で穏やかなイーロイ人と、地底をねぐらにする獰猛なモーロック人の2種族による原始的な階級社会だった…。SF不朽の名作。


ここで紹介した本のほかにも、たくさん取り揃えています。
今月の特集のリストは、こちらからどうぞ


Copyright © 2011 Kitsuki City Library, japan All Rights Reserved.